Amazon刈り取りってなに?

 

 

こんにちは!

 

 

今日はちょっと真面目に笑、

わたしがやっているせどりの手法の一つ

「Amazon刈り取り」をご紹介します♪

 

 

Amazon刈り取りとは

 

 

Amazon刈り取りとは、簡単に言うと

「Amazonで仕入れてAmazonで売る」という方法を使います。

 

 

つまり、Amazonで販売されている適性の相場より安く仕入れて、

その商品を適正価格またはプレミア価格で売るということです!

 

 

ライバルから仕入れて利益をとる、ということですね(^^)/

少し変わっている感じがしますが、

さまざまな電脳せどりのなかでも

【最も大きく稼げる】手法です!

 

 

では、刈り取りのメリットとデメリットを見ていきましょう!

 

 

Amazon刈り取りのメリット

 

 

①ほぼ100%返品、返金ができる

→Amazonはお客様第一なので、一カ月以内であれば返品、返金

をしてもらえます!!

 

②発送が簡単

→Amazonから仕入れるので、検品作業が省けて楽です♪

 

③リピート仕入れができる

→すべてではないですが、一度仕入れた商品はまた値下がりしてくる

場合があるのでリピート仕入れができる商品が多数あります!

 

④どんな時でも仕入れができる

→スマホでどこでも仕入れができ、ツールを使って仕入れの構築を

すれば通知が来た時にリサーチする、という事も可能です♪

 

 

これだけでもやりたくなってきますよね♪

 

 

でもデメリットももちろんあります(;_:)

 

Amazon刈り取りのデメリット

 

 

①Amazon本体の復活

→Amazon本体から刈り取りをした場合、

Amazonの在庫がなかなか切れなかったり、

すぐに復活して安い価格のまま居座ってしまい、

カートすら取れないパターンがあります。

 

②Amazonで買ったものをAmazonで売るは規約違反?!

→Amazonで購入した商品をAmazonで販売することは

少し前まで規約違反でした!

現在は規約から削除されていますが

出品用アカウントと購入用アカウントをわける

などの対策はとっておいたほうがよいでしょう。

 

 

と、デメリットもありますが

しっかりと対策していればある程度は防ぐことができます!

 

 

対策方法もみていきましょう!

 

 

 

デメリットの対策方法

 

 

Amazon刈り取りにおいて最も稼ぐ事が出来るのが

Amazon本体からの刈り取りですが、

上記でお話したように

Amazon在庫復活やAmazon在庫が切れず価格が戻らない、

などのデメリットがあります。

このデメリットを限りなく対策していくことで

リスクを減らす事も可能です。

まず大事なのはモノレートやKeepaをきちんと読み解くことです!

資金繰りやAmazon在庫切れのスピードを考え、

仕入れは高回転のものを選ぶのがベストです。

その商品が持ち合わせている売れる価格、本来持つ力を知っておく

ことも大事です。

 

 

例をみてみましょう

 

画像はある商品のモノレートです。

1番上のグラフが価格の推移、2番目のグラフが出品者の増減

3番目のグラフがランキングの推移

 

赤丸を見てもらうと、40,000円付近でも高回転で売れている商品にも

関わらず出品者が増えて価格が下がってますが、

出品者が減るにつれてもともと商品の持っている力(売れる価格)に

戻っていっています。

 

Amazon本体が商品価格を下げて来た場合、

本来商品が売れてくれる力(価格)を知る必要があります。

 

仮に本来10,000円で回転良く売れていた商品をAmazonが7,000円

まで価格を下げて来た場合などは、10,000円に価格が戻っても確実に

売れてくれる商品なのでチャンスと言えるでしょう。

 

逆に、10,000円ではあまり売れ行きが良くなかったがAmazonが

7,000円に価格を下げて回転が上がっている商品などは

市場や消費者の観点からして、もともとそのくらいの商品の力(価格)

と見られている可能性があるかと思いますので、

安くなってるからといって大量に刈り取ってしまうと

10,000円の価格に戻って販売したときに

商品がなかなか売れない、、、

売るのに時間がかかりAmazonが復活、、、

なんて事も考えられます。

どの価格帯でどのくらいの売れ行きになるのかは

モノレートやKeepaで確認しておくようにしましょう!!

 

 

Amazon刈り取りは

難しそう、初心者にはハードルが高い、

と思われがちですが、

しっかりと対策すればだれでも問題なくできます♪

 

イメージでスルーするのではなく

まずトライしてみてくださいね\(^o^)/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です